青じそみょうがトッピング

2023/06/13 ブログ

夏の香辛野菜、青じそみょうがトッピング

香辛野菜とは、様々な薬効があるいわゆるハーブのこと。強い香りが食欲を増進させ、血行促進や発汗、抗酸化作用などの効能があります。グラム当たりの効能成分量は、一般的な野菜に比べても非常に多いのですが、薬味として食べても、大した量にはならない。

たぐるの青じそみょうがトッピングは、大場10枚、みょうが丸ごと1っ本を使います。香辛野菜のサラダ感覚で食べることができます。

お勧めは、ぶっかけ蕎麦とのトッピング。香辛野菜を生のまま食べることができます。中でも、納豆ぶっかけ、山芋極細千切りぶっかけ、鬼おろしぶっかけとの相性は抜群です。香辛野菜の効能成分に由来する雑味は、たぐるの天然出汁がしっかり包み込みます。

そして、無料で提供している揚げ玉。阿佐ヶ谷の老舗天ぷら店から分けて頂いている極上の揚げ玉を入れると、冷やしたぬきになります。お好みの蕎麦を、冷やしたぬきにしてお楽しみください。

  • 納豆ぶっかけ青じそみょうがトッピング